サイトメニュー

精神病に関わるお金

硬貨

便利なサービスで治療に専念出来る環境を

うつ病のような精神病は、完治に時間がかかるのが特徴です。症状が重いと2年以上治療が必要なケースもあるため、その間の生活が苦しくなってしまうパターンも珍しくありません。そのため、うつ病になってしまったら、治療に専念するためにもお金の不安は真っ先に解決することがおすすめです。まず、覚えておきたいのが障害手当金という制度です。障害手当金は、社会保険に加入している人で条件を満たせば誰でも受給することが出来る社会保険サービスです。病気やケガで働けなくなったとき、最長1年6か月間、給与の3分の2程度のお金が振り込まれます。うつ病のような精神病では傷病手当金の受給資格に該当しないと考えている人も多いですが、就労出来ないときちんと判断された医師の診断書と事業主のサインがあれば、正しく受給することが可能です。条件は、3日間以上勤労出来ない状態が続いていること、その間給与の支払いがされていないことです。申請してから審査が通るまでは約1ヶ月とスピーディなので、休職中の生活費は確保することが出来ます。退職を考える前に、まずは傷病手当金の申請から始めましょう。もう1つ、便利なサービスが自立支援医療というサービスです。うつ病の治療は、定期的に病院に通う必要があるため、医療費が高額になってしまいがちです。そこでこの制度を利用すると、治療の際発生する通院費や投薬費の患者負担が1割になり、お金の心配が少し減ります。ただし、制度を受けるには所得制限があることと、1ヶ月の利用限度額が決まっていることは確認しておきましょう。

他にも、精神障碍者保健福祉手帳というのを交付してもらうこともおすすめです。この手帳は長期に渡って精神障害のために日常生活が普通に送れなくなっている場合に発行されるもので、税金の優遇や公共料金の割引などのサービスが受けられます。ただし発行には条件があります。うつ病の場合は、等級によって支援内容が異なるので、自分の住んでいる地域の内容を確認しておくと良いでしょう。日常的に必ず発生するお金が減ると、その分治療費に充てることが出来るので、とても便利です。また、うつ病は非常に再発しやすい病気です。そうなると、また治療を再開しなくてはならないため、保険に加入しておくのもおすすめです。世の中には、うつ病の通院歴があっても加入できる保険があります。保険会社と相談し、適切なタイプに加入しておくことで、再発したとしても保険金が受け取れる可能性がるので、ぜひ利用してみましょう。うつ病は、誰でもなってしまう可能性がある身近な病気です。治療は長期的なカウンセリングや、抗うつ剤の投薬などが中心となり、良い悪いを繰り返しながら少しずつ改善させていくのが普通です。その間に、身体的症状がひどくなり他の薬を服用したり、人間関係に悩んだりなどのトラブルもつきものですので、患者にかかる負担は大きくなります。またうつ病だけでなく、統合失調症や双極性障害のような精神疾患でも、同じように長期的な治療が必要です。病気になっていざという時に困らないよう、お金や保険のことはしっかり知っておくと良いでしょう。

Copyright© 2019 利用する目的とその基礎知識を理解しておく All Rights Reserved.