サイトメニュー

生活を安定させるために

女性

気をつけることと注目されている理由は

近年は、精神的な病気になる人が増えています。一昔前は、うつ病になる人はそれほど多くありませんでしたが、平成になってからたくさんの人がうつ病を発症し始めました。現在日本のうつ病患者はわかっているだけで、112万人ほどいるとされています。もはや、日本人ならば誰でもなりうる病気の1つと言って良いでしょう。もし、働いている人がうつ病になってしまった場合には様々な問題が起こり得ます。1つは、まともに会社に行き仕事をすることができません。仕事ができないことに対して喜んでいる人もいるかもしれませんが、その分収入がなくなります。そうすると、生活自体ができなくなるでしょう。このような場合には、全く救済手段がないわけではありません。救済手段の1つが傷病手当金になります。一般的に傷病手当金は会社員などのように健康保険の中でも厚生年金に加入していなければもらうことができません。そのため、アルバイト等はもらうことができませんので気をつけておきましょう。派遣社員に関しては、健康保険の中でも厚生年金に加入しているスタイルのところならばもらうことができます。派遣社員も、厚生年金に入らない代わりに時給を高くしてくれるようなところもあります。もし、厚生年金に入らず高い時給を手に入れたいと考えて契約した場合には、傷病手当金をもらうことができません。ただ、障害年金に関してはもらうことができる可能性があります。そのため、専門家に障害年金をもらうことができるか確認をしておく必要があります。もし、もらうことが可能な場合には専門家に書類の作成を依頼しなければいけません。

うつ病になったときの救済手段として、傷病手当金があることを説明しましたが、傷病手当金をもらう場合にしても、健康保険に入っていることこの条件となり、しかも1年半分しかもらうことができません。もちろん、それだけの時間もらうことができれば生活に困る事はないでしょう。いくらぐらいもらうことができるかと言えば、給料の3分の2ほどもらうことができる点は非常に魅力的です。このように、社会人がうつ病になってしまった場合でも安定した生活を手に入れるために傷病手当金を活用することで安心した生活を手に入れることができます。これに対して、障害年金をもらう場合には、健康保険に加入している人の中でも厚生年金に加入している人だけでなく、国民年金に加入している人ももらうことができる可能性があるでしょう。この点も、正社員以外の人から注目されています。ただし、障害年金には3種類の等級がありこのうち3級に該当してしまった場合には、厚生年金に入っている人以外は障害年金をもらうことができません。そのため、基本的にアルバイトなどは1級か2級に認定されなければ障害年金をもらうことができないことになります。では、1級と2級はどのような条件で認定されるかと言えば、基本的に介護が必要なレベルに足していることや、介護が必要でなくてもそれに近い状態にあることが必要になります。そのため、少し気分が悪くなり会社に行けないレベルではまず受理される事はないでしょう。本格的に家から出ることができない場合や、身の回りのこともできなくなってしまっているかそれに準じる位の状況になっていることが必要になります。

Copyright© 2019 利用する目的とその基礎知識を理解しておく All Rights Reserved.